RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
[メキシコ]素晴らしいほどの透明感、グランセノーテへ!

こんにちは。予約投稿です。

 

今頃はキューバのどこかをふらふらしてると思われます。

 

予約投稿はもうちょい続けられそうかな。

 

 

 

さて、ベリーズから再び戻ってきたメキシコ。

 

滞在しているのはトゥルムという、カンクンから2時間ほど南にある町。

 

小さい町なのだが、観光客を惹きつける見所が2つある。

 

1つはマヤ時代のトゥルム遺跡

 

これはまぁまた後日紹介するとして、もう1つはグランセノーテ

 

今日はこのグランセノーテに行ってきたのでその話でも。

 

 

セノーテっはメキシコに来たら絶対に訪れたい場所の一つだった。

 

簡単に言うと、「地下水の溜まっためちゃくちゃキレイな泉」だ。

 

多分写真とかで見た事ある人は多いはず。

 

セノーテと呼ばれるこうした池は、このメキシコ東部のユカタン半島に無数にあるみたい。

 

今日のグランセノーテは、その中でも特に日本人に人気のあるセノーテだ。

 

なんででしょ?笑

 

多分日本でのいろんなメディアとか本がこのグランセノーテをよく紹介していたからか、「セノーテ=グランセノーテ」っていう図式が出来上がったと思われます。

 

まぁ自分もまんまとそれに乗せられてる一人なわけだが笑

 

 

グランセノーテはトゥルムの町から数キロとまぁ近い。

 

自分はもう一人と一緒だったのでタクシーで向かった。(70ペソ)

 

セノーテは絶対人がまだ少なく水もキレイな早朝に行くべき!

 

って言うのをよく聞いてたので、自分も朝8時すぎくらいに着くように到着。

 

実際太陽の光も、午前中しか差し込まないと思われるので早い方がやはり良さそう。

 

 

到着して入場料の150ペソ(800円ぐらい)を払う。

 

世界遺産のテオティワカンが65ペソなのに比べるとずいぶん高いが、多分このグランセノーテは誰かの私有地みたいな感じなんだろうね。完全にリゾート価格です。

 

 

敷地内に入ってみると、早速セノーテが見えてきた。

 

写真だと全然わからんが、ここからでもかなりクリアな池だってのがわかる。

 

とりあえず下に降りて近づいてみた。

 

 

おー! すごい透明感!!

 

かなりキレイな水に、見てるだけでテンションも上がってくる。

 

 

そーいやイタリアとかの青の洞窟って行った事ないけどこんな感じなのかな?

 

水もキレイだけど、この鍾乳洞みたいな洞窟になっている雰囲気が秘境っぽい雰囲気でなかなか好きだな。

 

早く来れたし、まだ誰も来ない静けさの中で存分に堪能できるな。

 

 

と思ったけどよく見たらもう先客がいた。

 

「はーい、地面に足をつかないように気を付けてくださいねー 水が濁っちゃいますからねー」

 

思いっきり日本人の集団だった笑

 

他の観光地でもそうだけど、日本人って「ベストな時間」に訪れるのが好きだよね。

 

ってか良い時間帯をよく知っている。

 

サンライズとかサンセットとか、あと写真が逆光にならないような時間帯に訪れたり。

 

せっかくだし良い時間に訪れたいって事だよね。

 

この場合も、朝一の水がキレイな時間帯に訪れている。

 

まだ8時すぎなので、多分かなり早朝ホテルを出発してるはず。

 

 

観光に対してもこうして、より楽しめるようにするマメさが日本人ぽくていいなって思ってます笑

 

そして上の「水を濁さないように」みたいに気を配っているのも日本人らしくていいよね。

 

 

陸からセノーテの写真を撮っていると、他にも続々と日本人の観光客がきた。

 

ってかみんなどこから来たんだ?笑 みんなカンクンとかから来てるのかね?

 

いかにもな観光地らしい雰囲気でにぎやかになってきた。

 

ハネムーンで来たのか、カップルの姿も何組か見かけたのでせっかくだし記念写真を撮ってあげたり。

 

 

ってかそんな事してる場合じゃねー笑

 

水が濁る前に自分もさっさと水に入らなければ。

 

 

荷物をロッカーに預けて(30ペソ)、さぁいざセノーテにダイブ!

 

と言いたい所なんだけど、どうやら水に入る前にシャワーを浴びなきゃならないらしい。。

 

で、それが冷水でめちゃくちゃ寒かったのよねー。。

 

自分だけでなく、他の人たちも「ヒャワワオホォォー」なんて声にならない声を出しながらみんな気合でシャワーを浴びていた。

 

この光景、けっこう面白かったです笑

 

ただクソ寒かったけど。。

 

 

 

で、ようやくセノーテに入水。

 

 

いきなりだけどめっちゃ綺麗!!

 

こうやって日の光がキラキラとカーテンみたく降り注ぐのよねー。

 

なかなか素晴らしい光景。

 

 

水の透明感もなかなかのもので、遠くにいる他の観光客も水の中からはっきりみる事ができる。

 

もうプールの中にいるような透明度だね。

 

 

 

 

人もちょっとずつ増えてきたけどまだまだキレイだね。

 

 

 

 

1時間弱ほどセノーテで遊んだのかな?

 

ある程度写真も撮って、満足してきたなーって思ったところで一気に体に異変が。。

 

そう、セノーテでの注意事項なんだけど。。

 

 

クッソ寒いです。

 

 

そーいや朝の日本人の集団も、みんなウェットスーツみたいの着てたな。

 

生身だともろに冷水に体温と体力を奪われる。

 

気温は暖かいカンクン界隈だけど、このセノーテは地下水で陽があまり当たらないからかなかなかに冷たいのよね。

 

一度、浅瀬に立ったのだがそこで自分でもびっくりするぐらい動けなくなってしまった。。

 

またこの冷たい水の中に体をつけたくない。。

 

かと言ってそうしないと陸に戻れない。。

 

 

 

かなりの葛藤と、実際に寒すぎて体が動かないってのもあって、そのまま5分ほど震えながら立ち尽くした。

 

が、そうしてもどんどん寒くなっていくし覚悟を決めて泳いで陸へと戻った。。

 

まじで寒すぎ。

 

 

すぐにタオルで体を拭いて、パーカーを着て日の当たる所へ移動。

 

それでもしばらく体ががくがく震えたままだった。。

 

いや、我ながら寒さに弱すぎる。。

 

北海道出身とかそんなん関係ない、寒いもんは寒い。

 

一緒に行った陳さん(女性)は、まぁ寒いけどなんとか耐えられるかな?ぐらいに言ってた。

 

まじかよ、、自分にはこの寒さはとても耐えられない。

 

 

自分でもわかるが、寒さに弱いのは体がひょろひょろで貧弱すぎるから。

 

過去に何度もネットで「寒がりを克服するには」みたいに調べた事があるけど、結局筋肉と脂肪をつけるしかないようだ。

 

そしてそのどちらもないというね。。笑

 

キーカーカーの海で泳いだ時も気づいたけど、アバラが浮いてるし若者ってかもはやおじいちゃんみたいな体つきになっている。。笑

 

 

いやーこれはまずいかもね。せめて筋トレぐらいはするか?

 

 

ちなみに、、水中でもTシャツとか着てれば体温の低下はずいぶん防げる。

 

特にユニクロのヒートテックみたいな長袖を着れば全然違う。

 

今日はこの後、ドスオホスという違うセノーテにも行くつもりだったけど、ここで体力を奪われすぎてそんな気力もなくなってしまったので行かず。。

 

後日そのセノーテいった時にはヒートテック着て行ったらなんとか耐える事ができました。

 

セノーテ行く際には防寒対策も忘れずに。

 

 

 

この後は太陽の下で一時間ほど休憩してから、まだ泳いでなかったエリアをちょろっとだけ泳いでグランセノーテは終了。

 

とにかく寒さだけはなんとかすればかなり楽しめると思いますので。

 

 

次回はもう一つ有名なドスオホスのセノーテに行った話でもー。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:151.メキシコ, 07:30
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:30
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。