RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
[メキシコ]世界遺産パレンケの遺跡へ。

こんにちは。

 

リアルタイムではカンクンの隣のプラヤデルカルメンってとこにいます。

 

超有名リゾート地のカンクンだけど、自分が泊まるような安宿からはビーチまでかなり遠いので、宿からビーチがすぐ近くのプラヤ〜に移動してきたんだけど、結局ビーチにはほぼ行かず宿でのんびりしてます笑

 

ってかリゾート地に一人だと別に遊びもしないしどこにいても変わらんな。。

 

まぁ数日後からネットがほぼないキューバなので、今のうちに色々調べ物してます。

 

 

 

 

さて、グアナファトでの滞在を終えてメキシコシティに帰還。

 

ここで数日滞在したんだけど、その内容は順序を前後させてすでにブログに登場させてます。

 

メイド喫茶行ったりしたのは実はこの時笑

 

読みやすいようにこうしてたまに順序を変えたりしてますがまぁいいでしょう。

 

 

で、メキシコシティから次に向かうのはパレンケ

 

世界遺産にもなっているパレンケ遺跡がある町ですね。

 

 

今回利用するバスはメキシコで一番定番のADO(アデオ)のバス。

 

メキシコシティからオアハカとかサンクリだと安い会社のバスがあったりするんだけど、メキシコ東部ではあまりそうした話は聞かない。

 

おそらくメキシコ東部はほぼこのADOで移動することになる。

 

このバスも、ランクで言うと一等とかになるのかな?

 

快適だがまぁその分値段も高いバスです。

 

メキシコシティからパレンケまでの通常料金がだいたい1000ペソ、5500円ほど。

 

高いですねー。。

 

 

だが、このADOのバスはLCCみたいに早期にチケットを買うと(まだガラガラだと)、プロモーションみたいな感じで安く買えるのよね。

 

パレンケ行きはもうそうした割引チケットは売っていなかったんだけど、ちょっと手前のVillahermosaってとこまでのバスなら安い400ペソぐらいの安いチケットがあった。

 

Villahermosaからパレンケまでのバスも頻発しているようで、その値段が大体150ペソ。

 

って事で合計550ペソと、手間はかかるが直接パレンケに行くより半額近くで行ける事になった。

 

2500円ぐらいの差が出るからね。

 

前置きが長くなったが、そうこうして色々節約してるわけです笑

 

 

はい、ってわけでまずは夜行でVillahermosaまでこの大型バスで。

 

わりと直前でもプロモーション価格で買えたって事もあり、実際バスはけっこう空いてたかな。

 

自分の隣には誰も来ず、まぁ快適な移動になったかな。

 

 

Villahermosaに着いたのは朝の8時。そこからバンに乗り換えてパレンケに到着。

 

この日はそのままパレンケの遺跡に行こうかと思ってたんだけど、メキシコシティですっかり風邪をひいてしまったのでこの日はもう休息日とした。

 

ちなみに泊まったのはPosada Nacha`n - Ka`anって宿。

 

150ペソだったかな。キレイだしパレンケの安宿では定番なのかな?他にも日本人のお客さんがいました。

 

後で気づいたけど歩き方にも載ってたみたい。

 

 

 

 

さて、翌日。

 

体調も多少回復してきたのでいざパレンケの遺跡へ。

 

バンに乗って20分ほどで到着。(20ペソ)

 

パレンケのチケット代は65ペソなんだけど、途中で国立公園への入場料だか税金だか知らんけど31ペソ払った。

 

 

 

で、いきなりだけどこちらがパレンケの遺跡

 

世界遺産にもなってます。

 

以前訪れたコパンの遺跡同様マヤの遺跡なのでなんとなく作りは似ているね。

 

ちなみにこちらは碑文の神殿と呼ばれる建物でパレンケの建物で一番大きい。

 

そしてここではパレンケの王、パカル王の墓が発掘された。

 

以前メキシコシティで訪れた博物館には、このパカル王のお墓が再現され、出土品であるヒスイの仮面があったな。

 

これがここで発見されたみたいだね。

 

マヤの遺跡は他にもあるけど、これだけしっかりと王の墓が発見されたのって珍しいんじゃないかな?

 

メキシコシティの博物館を訪れた時はパレンケに関してもよくわかってなかったけど、実際にこうして遺跡を訪れてみると発掘品もより興味が湧いてくるね。

 

こうした遺跡を訪れてから博物館に行くってのも良さそうね。まぁまたメキシコシティに行く機会があったらまた行きたいね。

 

 

 

こちらは遺跡中央にある「宮殿」

 

実際に宮殿だったかは不明だが、位置的にも規模的にも重要な建物であったのは間違いなく、宮殿と呼ばれているようだ。

 

 

ここにあるのはマヤの建築物では珍しい塔状のもの。

 

近づく事はできなかったが、なんでも星図みたいのが描かれていたりと、天体観測のために使われていたとの事。

 

後でいくツェツェンイツァのピラミッドなんかは、それ自体がカレンダーになっていたりと、マヤの天文学の技術の高さがわかる遺跡なんだけど、それにはやはりこうした天体観測があってこそだもんね。

 

内部には中庭のようなスペースがあったり。

 

回廊はこうした三角屋根になっているが、これは典型的なマヤの構造らしい。

 

ここにはこのパレンケで有名な、双頭のジャガーに乗るパカル王の彫刻がある。

 

なんかやけにこれだけ状態が良いので、もしかしたら複製とかかも?

 

写真だとよくわかりませんね。。まぁ肉眼で見てもよくわからず笑

 

周りに土産物屋がたくさんいて、そこで売られている絵が一番鮮やかでわかりやすかった笑

 

他にもこんな感じでマヤ的な彫刻がちらほら。

 

これもまぁ複製だろうけど。

 

けっこう長い地下通路もあった。

 

ここもしっかり三角屋根の構造。

 

こうして地下なんかがあると、より高い技術を持ってたんだなーと思わされるね。

 

ちょっと離れたところにも小規模な神殿がちらほらある。

 

小高い所に建てられた神殿から他の建造物を見下ろす。

 

こうした遺跡を見渡せる場所はいいね。

 

体調も万全ではないのかすぐに疲れちゃうってのあって、しばしここで休憩。

 

まぁこんな感じですかね。

 

それなりに良かったけど、超必見の遺跡ってほどではないかな。

 

似たようなマヤ遺跡の一つって感じかもね。

 

せっかくなので記念撮影。

 

そーいやさっきの、発見された方の墓が見れればまた満足度も違ったんだろうけどね。

 

神殿には入れず、その墓がどこにあったかすらもわからんかったからね。

 

まぁこの碑文の神殿の中にあったって事ぐらい。

 

 

はい、以上です笑

 

 

さて、このパレンケの後は一度グアテマラに戻ります。

 

と言うのも、これもマヤの遺跡だがティカル遺跡を訪れるため。

 

先に周ったグアテマラは主に南方で、このティカルだけは北にあったので後で行こうと思ったわけです。

 

 

てなわけで次回はグアテマラへの再入国の話です。

 

パレンケからはツーリスト用のシャトルバスもあるけど、自力で行った方が断然安かったのでそうした話を。

 

では。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:151.メキシコ, 07:04
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:04
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。