RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
[メキシコ]グアナファトのミイラ博物館。

こんにちは。

 

キューバのカストロ前議長が亡くなりましたね。。

 

キューバ革命の指導者であり、現在のキューバの絶対的な存在。

 

アメリカとの国交が回復し、どんどん変わっていくと言われているキューバ。

 

その変化もより一層早く、大きくなっていくかもですね。

 

そんなキューバにはちょうど3日後に移動する予定です。

 

色々楽しみです。

 

 

 

さて、ブログ上ではかわいらしい町並みのグアナファトに滞在。

 

世界遺産にもなっているこの町だが、ちょっと変わった観光地もある。。

 

 

それが「ミイラ博物館」

 

かなりたくさんのミイラが展示されているって事で、まぁこんな博物館も珍しいので行ってみた。

 

 

 

 

 

先に言いますと、

 

かなりのたくさんのミイラの写真を載せてます。

 

苦手な方もいるかと思いますので、そうした場合は飛ばしてもらった方が良いかもしれません笑

 

 

そーいやミイラっていうと、すぐに思いつくのが古代エジプトのミイラですね。

 

かつてエジプトで何体か見たな。。

 

後は中国のウイグル自治区で、とか何回か見ている気がする。

 

 

 

 

 

 

では。。。

 

 

 

こちらが到着したミイラ博物館。「Museo de las Momias」

 

グアナファトの中心からは3km弱ぐらいかな。バスもあるけど町中をのんびり歩いていくのもいいね。

 

入場料は56ペソ、300円くらい。

 

 

 

内部に入るとまずは簡単なVTRを見る。

 

グアナファトの歴史とかそんなんだったかな、全然覚えてないけど笑

 

 

で、それが終わり展示室の方へと移動すると。。

 

 

 

いきなりたくさんのミイラが並んでいる!

 

 

こんなにたくさん展示されているとは。。

 

 

ちなみに、、ここにいるミイラさん達は古代エジプトのようにどこかから発掘されたわけではなく、グアナファトの普通の墓地から持ち出されたものらしい。

 

年代も今から70年〜100年とかそれぐらいの前のものだ。

 

逆に言うと、それぐらいの年月でこんなにしっかりミイラになるんだね。。

 

完全に”ミイラ”って状態なので、不気味さや怖さなどは全く感じない。

 

 

でも、こうして棺桶に入っている風なのはちょっとリアリティあってやだな。。

 

断末魔をあげているようなミイラさんもいる。。

 

 

が、ここにいるのはさっきも言ったけど普通に埋葬されたミイラさん達であるので、多分埋葬された時は口も閉じていただろうし棺桶の中で徐々にこんな姿になっていったのだろう。

 

こちらのミイラさんはしっかりを服を着ているしね。

 

てか他のミイラさんも靴をはいてたりする。

 

 

亡くなった時の姿でそのまま埋葬されたのかな?

 

って最初は思ったけど、でも人が死ぬ時って大体病院か家のベッドの上だろう。

 

靴なんか履いていないだろうし、服もきっとパジャマとか楽な格好だ。

 

 

てことで多分、これらの服は亡くなってから着させられたものだ。

 

なんだろう?あの世に着ていく用の服って事かな?

 

それともいずれ蘇った時用にって事かもしれないね。

 

 

ミイラさんにもはやり個人差はあって、こちらはかなりガイコツに近き姿にまでなっている。

 

こちらのミイラさんは、けっこうふくよかな体系だったと思われる。。

 

 

 

そして赤ちゃんミイラの展示もあった。

 

みんなしっかりと服を着ているね。

 

こちらのミイラはかなり小柄。。おそらく新生児とかかな?

 

 

 

 

これだけたくさんのミイラがいると、かつては生命を持っていた人間だったってのは想像はできるけど現実感はないね。

 

にしてもこのミイラさん達はまさかこんな感じで展示される事になるとは思ってもいなかっただろうね。。

 

 

さっきも言ったけどそんなに古いミイラではなさそうなのよね。

 

家族の許可とかちゃんと取ってるのだろうか。。

 

 

こんな感じで展示は終了。

 

もちろん写真は全部ではなく、実際にはこの5倍ほどのミイラが展示されています。かなり多かった。。

 

 

 

博物館を出た所には土産物屋も並んでいる。

 

ここでの名物は「ミイラ飴」なるもの。

 

要は飴細工でできたミイラって事ね。

 

こんなのが名物って事は、やはりミイラでバチがあたるとかそんな感じではないんだろうね。。

 

 

 

そんなこんなでミイラ博物館を後にしてグアナファトの中心地に戻る。

 

ここのイダルゴ市場ってのが観光客にも、現地人にも?人気の市場になっているようで、たくさんの土産物屋と食堂が並んでいる。

 

 

昨日の夜は中華料理を食べたので、今日はメキシコらしいものをって事でこの市場で美味しそうなものがないか物色。

 

すると、市場内でシーフードのスープを食べている人がいた。

 

これはなかなかに美味しそう。

 

って事でこれに決定。70ペソ。

 

中にはけっこう大きめなエビと魚、貝類やタコなんかが具沢山に入っている。

 

そしてアボカドも。スープにアボカドってあるようで初めて見るような?

 

でもこのスープがなかなか美味しかった! これはかなりヒット!

 

アボカドがいい感じにコクを出していて、魚介類の味の深みが増してるような。。ようわからんけど笑

 

ただ全体的に具材がまだ生煮えって感じだったので、お腹壊さないか不安だったけど結果的には大丈夫だった。

 

ちなみにお店は市場真ん中にあるこのお店。

 

でかでかとシーフードの「Mariscos」って書いてあるのですぐわかるかな。

 

スープだけでなく、いろんな魚介系のメニューが並んでいる。

 

が、他の人もみんなスープを注文していたな。

 

 

 

その後また町をふらふら。

 

夜は適当に済ませ、その後は時間もあったし気まぐれにスタバにでも来てみた。

 

スタバのロゴが死者の日仕様笑

 

 

スタバなんて高級カフェ、最後に行ったのはいつだろう??もう6年とか8年前じゃないの?

 

いや、一時帰国した時に友達と会う時にいったかな? まぁどうでもいいか笑

 

 

注文したら名前聞かれるのね。

 

知識としては知ってたけど、いざ聞かれると「え?名前?なんで?」ってなるな笑

 

普通に答えちゃったけど、ここは「マイケルジャクソンです」とか言えばよかったのかな? ただスルーされて終わるか。。笑

 

 

注文したGreen tea フラペチーノ的なものを受け取り席につく。

 

スタバに来たのはパソコンいじりながら意識高い系ごっこをするためではなく、こちら。

 

スペイン語の勉強。

 

なんやかんや一人だと夜とかけっこう時間あるのよね。

 

だいたいブログ書いたり適当にネットしてるとあっという間に時間は経つんだけど、もう少し良い時間の使い方をしてみようかなと。

 

こうやってせっかく本も持っているのに全然読んでないしね笑

 

昔から集中力ってなくて、こうやって勉強する環境に自分を置かないと全然できない。

 

 

よし!これからは毎日夕食後は勉強するぞ!

 

 

と自分の中で宣言したこの日は11月9日だったようだ。。

 

 

 

が、まぁ案の定その日以降全く勉強してないよね。。笑

 

今日がもう11月28日か。。

 

まぁその後は急ぎ足で移動したり風邪ひいたりってのもあるがまぁこんなもんかね笑

 

 

むしろ現時点で滞在してるカンクンでは英語の通用度がかなり高いし、出会った旅行者と一週間ずっと英語でで話してたりとスペイン語熱がすっかり冷めてしまった。。

 

まぁまた波がくると思うので勉強はまたその時に笑

 

 

 

さて、これでもうグアナファトも満足かな。

 

再び高いバスに乗ってメキシコシティに戻り、今度はメキシコ東部へ抜けるべく、まずはパレンケへと向かいます。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:151.メキシコ, 07:30
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:30
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。